<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

2008.10.13 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
-
-
pookmark

サービスとホスピタリティの関係5

2008.10.13 Monday 15:42

ホスピタリティの中にサービスがある。
ホスピタリティを内面で規制している。自分が自己責任で動きうる。
客は、自分に与えられていなくとも、ホスピタリティを受けている客をみて、いつか自分もそうされるのではないかという気持ちをもつ。

経済。ビジネス
comments(2)
trackbacks(0)
pookmark

サービスとホスピタリティの関係4

2008.10.13 Monday 15:36
 サービスとホスピタリティが区別されていて、別々になされる。
客を区別する。同じ事を提供する客、特別扱いする客、という対立をみせる。
差異化された者はいい気分。差別化された者は、自分はほっとかれるのだと諦める。不快にはならないが、客の側から切られていく。
経済。ビジネス
comments(0)
trackbacks(0)
pookmark

サービスとホスピタリティの関係3

2008.10.13 Monday 15:33
 ホスピタリティのみで、サービスなし。
客と一緒になって、他の客をほっといたまま、どこかへいってしまう。
客のいうがままになってしまう。
経済。ビジネス
comments(0)
trackbacks(0)
pookmark

サービスとホスピタリティの関係2

2008.10.13 Monday 15:29
 サービスのみ。ホスピタリティがない。
規則とマニュアルが行使されるだけ。
客の顔はみない。与えられたノルマをはたすのみ。
誰にでも同じサービスを提供する。
経済。ビジネス
comments(0)
trackbacks(0)
pookmark

サービスとホスピタリティの関係1

2008.10.13 Monday 15:21
JUGEMテーマ:経済全般

サービスの中にホスピタリティがある。
だれにも同じ事をしているなかで、なじみの客に隠し味をいれるという仕方。
客として、表面ではみな同じだが、自分だけが特別扱いされていると感じる。しかし、なんどもやられると不快になる。 
-
comments(0)
trackbacks(0)
pookmark

ホスピタリティの文献

2008.08.01 Friday 01:52
哲学としては
●デリダ『歓待について』
が、基本です。
ホテルの側からは、
●窪山哲雄『サービス教科書』
サービスをこえるホスピタリティの地平が明示されます。
本質論は
●山本哲士『ホスピタリティ原論』EHESC出版局
哲学と経済の本質論です。

●季刊iichiko 100号 2008年10月20日発売。
企業リーダーの方からのホスピタリティ経済です。
いままでいくつものホスピタリティ特集を組んでいます。
経済。ビジネス
comments(0)
trackbacks(0)
pookmark

サービスは商品の経済

2008.01.09 Wednesday 15:25
サービスは、商品経済です。商品は、たくさんの同じもの、量産されるものです。そして、商品は、物体です。たくさんの同じ物体です。均質であり、均一です。
サービス商品経済は、より多くのものをより安く、よりたくさんの人に供給することです。したがって、最低限のものをすべての人に供することを良しとします。コレは、社会の原理です。社会は、均質・均一であることを原理とします。差異がなく、平等であることをビジョンにしますが、実際は不平等になります。
等価交換の経済であり、サービスは規則に従ったマニュアルとなります。
-
comments(0)
trackbacks(0)
pookmark

ホスピタリティ経済は資本の経済

2008.01.09 Wednesday 15:19
ホスピタリティは資本経済です。資本は、固有なものがひとつあること、それは関係世界で、物体ではありません。人が資本、文化が資本、場所が資本です。
固有のひとつでありながら、関係であること、この認識体系が創造されることです。商品経済と商品哲学では、この資本世界はとられられません。マルクスでさえ、資本は論じられないといったほど、実は認識されていないものです。
資本が商品として認識されると、資金、資財、となってしまいます。それは物体であって、商品でしかないものです。資本は、元になる主要なものですが、関係的なものです。
-
comments(0)
trackbacks(0)
pookmark

ホスピタリティ経済とサービス経済

2008.01.09 Wednesday 15:04
ホスピタリティ経済は、資本と場所の場にあります。サービス経済は、商品と社会の場にあります。まったく、働いてある原理の場=fieldがことなります。
場=fieldとは、問題が構成されているところです。場所=placeは、ものごとが働いてあるところです。思考の場と、実際に動いている場所とを、識別することが大事です。
商品・サービスの場所では、社会という画一的なものが構成されています。資本・ホスピタリティの場所では、パブリックなものが働いています。ソーシャルなものが作られていくに従って、ホスピタリティが消えていきます。
-
comments(0)
trackbacks(0)
pookmark

サービスservices

2008.01.06 Sunday 14:30
^貘仟真瑤離▲ション
皆に同じことをする
I然の効率性:不合理
さ則にないとノー
ズ把禪造里發里鯤薪に供する
ε価関係
測定可能なものごとをする:良設定
┘泪縫絅▲覯修気譴討い
利益を求めるのが優先のため損することを避ける
社会にあって、文化はない
単価コストはより安くし、生涯時間にたくさん払わせる
購入して完結
ああ友よ、ひとりも友がいない
-
comments(0)
trackbacks(0)
pookmark

オススメアイテム

最近のエントリー

カテゴリー別アーカイブ

月別アーカイブ

リンク

プロフィール

スポンサードリンク

検索

Search this site.
無料ブログ作成サービス JUGEM

モバイル

qrcode